男性パターン その② | 全国チャットレディ求人 Crystal-クリスタル
BLOG

日々、ブログを更新中!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. チャットレディの考え方
  4. 男性パターン その②

男性パターン その②

◆女の隙
出会ったばかりの男女は、「話しやすい、話しにくい」が多少ありますが、
男性が「話しやすい」と感じる部分の中には、女の「隙」があるかないかが8割を占めます。
雰囲気、話し方、容姿などで本能的に感じ取ります。
最初はその「隙」を見せない限り、女性は人気が出ません。
新人期間中によく呼ばれるのは、新人半額以外に、「新人ならではの隙」があるからです。
その「隙」は、まず入り口。その後、その隙が、「不安定になる」とき、男は「追いたい」と思うか、すでに追っています。
男性は、最初の「隙があった姿」をいつまでも信じる生き物です。
隙は、誰でも能力的に持っていますが、それを故意に出せる女性が更にモテます。
それはチャットの中では限られていますが、「やきもちを妬く」や「ぶりっこ」、「何気ない一言に傷ついたふり」
「本当に会えるかもしれない」そんなもので男は隙を感じます。
簡単な隙を見せたら、次はどんな隙(次のステップ)が見れるかを期待して、再度チャットに来ます。
隙を不安定にさせるには、いつもと違う変化を見せること。
わざと一瞬、さみしい顔をすること(なんかチャットに疲れた・・・)、わざといつもより冷たく接すること。
落ち込んでいる姿を見せること。
これで、「ただの仕事でやってるわけではない、俺にだけ本当の自分を見せてくれている」と思わせられます。
陽⇒陰⇒陽の繰り返しで、男はほぼパニックです。
また、その後、この子は他の男にも同じこと言ってる(やってる)のかな。
と思わせたら、相手は普通に気になってます。
チャットレディを何回か続けると、その隙をいつの間にか自然に出せなくなるパターンも出てきます。
それが慣れです。「すべて業務的になりすぎる」っていうのが、一番、魅力的に映りません。
その慣れが一気に3万ポイント使ってくれるような常連を逃すきっかけになります。
性格的に普段の恋愛ではできなくても、これは仕事です。
本能的に、やって出来ない女性はいません。
◆常にぶっきらぼうな男
ただのぶっきらぼうですが、
でもめんどくささはありません。
支配したいと思っている男性には、支配されるフリが一番効果的です。
 
◆チャットにはそんなに来ないよという男
来てるに決まってます。
好きだからチャットをしてるんです。他のサイトでもポイントを買ってるし、他のサイトで他の女性とも会話をしています。
これは男の見栄で、俺はなんだかんだ忙しいアピールがほとんど。もしくは、チャットとかそんなに興味ないんだよアピール。
別に俺、リア充だしね。的なもんです。
もちろん本当に忙しい人もいます。
次の待ち合わせGETをしたい、チャットの最終局面で、「よくチャット来るんですか?」
って言うと、見栄を発動させるので、逆に遠ざけてしまいます。
「またお話したいです」「またお話してくれますか?」「わたしからメールしてもいいですか?」
「○○さんを待ちながら待機してます!」だと、見栄が発動しません。
それでも、「忙しいからな~」と、ほぼ言います。「まぁまた時間が空いたときにね」とか。
そんなときは、「仕事に集中してる男の人が魅力的」みたいな感じで言っておいてください。
なんだかんだで、頻繁にサイトを見てます。
◆ノンアダ、アダルトサイトで会話中、エロサイトはしない方がいいという男性
エロサイトを見てるあなたが何を言ってんの?という男。
性格的に一番やっかいな男性です。
自分だけのものにしたい、自分だけがこの子と仲がいい、この子には脱いでほしくない。
最悪、「この子はそんな子じゃない」と勝手にのめりこみます。
ストーカー素質のある男が言う言葉です。
こちらからはあまり追わないでください。
 
◆話が合わない男性
男は経験してきた物事の中からでしか、語れません。
世の中を渡れば知識も増えて、若いころとは違う価値観に必ずなります。
男は必ずなります。
経験が経験を上書きして、今に至るので、自慢が多くなります。
特に、若い女性には世の中を教えたがります。
それはほとんどが、おそらく女性にとっては自分に興味の無い話が多々です。
ただ自分次第で、会話は盛り上がらせることができます。
男にとって、自分の話が、「興味がないんだね」と「わからないよね」は違います。
興味がないと悟られると、チャットは終わります。
興味はないけど、わからないに変える方法は、ひとつ、質問をするだけです。
「それって○○なんですか?」の一言だけで、聞いてくれてると思わせれます。
こっちは合わなくても、向こうは合うと思ってくれるようになります。
「○○さんって物知りですねー」より、よっぽど何個も質問するほうが、
時間も稼げるし、この子は人間的に素敵だなと思われ、好印象です。
最後に、「わたし、そういうことを教えてくれる男性が好み」というのを伝えてあげてください。
ただし、もっと強いトークは、「興味ないから違う話しよ」「そんな話しにチャット来たの?」「わたしはそうは思わない。だって・・・」
と、向こうが思ってた返しとは逆をすると、「面白い子」となる場合もあります。
これは賭けなので、自信がなければやめて下さい。
◆新人期間を抜けた後の男の態度
新人期間中は、男性は余裕をもって会話を続けます。通常状態の女の子よりも2倍多い時間喋れます。
ただし、新人期間を過ぎた状態になると、男性は一気に変わります。
特に、PRメッセージ欄や一言コメントに「お話から」「優しくしてね」「緊張してます」などは、チャット率を激減させます。
「新人でもないのに、お話から?は?」と思ってます。これが現実です。
チャットをする男性は、今までさんざんいろんな女性とチャットをしてきた男性が大半を占めてます。
新規会員登録をした男性は、のぞきの場合は人気ランカー、お試しでチャットするなら同じ「新人女性」を選びます。
既存の男性からチャット指名を受けるには、必ず「明るい言葉」「楽しめそうな言葉」、
こちら側から「楽しませてあげる」っていうスタンスを作らないといけません。
いつまでも受け身な女性を男性は、いいとは決して思いません。むしろ、めんどくさそうと思います。
こんなタイミングで、サイトの何パーセント割引などのイベント時には、まったく呼ばれないなんてこともあります。
割引イベントは、新人以外の通常女性とのチャットのハードルを下げる為にあります。
そのハードルを自分から上げていては、呼ばれるものも呼ばれません。
チャット率が急変するので、通常状態になったら、コメントやメッセージ、待機映像には必ずこだわってください。
たまに、それを書いてる女性がいますが、通常状態で、お話からって言えるのはランキング上位の女性の特権です。
そして、お話からって言いながら、どんな人が来ても笑顔ですぐ脱いでっていうお客さんにも対応してるのが、ランキング上位の女性です。
彼女たちは、お話からって書いても、なにを言っても常連が来ます。
彼女たちの魅力が勝っているんではなく、考え方と技術です。それと、ロング稼働。稼働が長ければ上位にもなります。
そのランキング上位っていうブランドが更に人を呼ぶ仕組みになっているだけです。
◆話を振るのが疲れる男
チャットのスタンスは、キャバクラと同一です。話を男が振り続ける時点で成り立っていません。
男女の関係性上、男が会話の流れを作り、会話を始めてくるのは当たりまえです。でもあなたは、男性を楽しませる側です。
なんでもかんでも「そうなんですね~」「へーそうなんだー」で終わらせることは、それは仕事ではありません。
どっちがホストかを認識してください。
男性タイピング時に、ずーっと相手のタイピング返答を待ち続けることも、ホストとしてはNGです。
例えばそういうときはなんでもいいので鼻歌でも、なにかを口にしてればOK。
男性が話を振り続けてると、男性は「なんでお金払って俺がこんなに話振ってんの」となるのが普通です。
全然会話面白くないと、完全に思われます。
男性も、「聞いてほしい」「わかってほしい」「興味を持ってほしい」が基本スタンスなので、話はなるべく振ってください。
 
◆わざとらしい女性を嫌う男
キャラを演じるのが、チャットレディです。
ただ、自分らしさがまったく出ないキャラは、わざとらしさが出すぎて嫌われます。
素を見せることで、壁が消えるので、ハデにキャラを作りすぎるのもNGです。
 
◆唯一の自慢を推したい男
男は必ず、ココが他の男と違うところ。を探して生きています。
チャット上であれば、俺は特殊な職業、俺は誰よりも優しい、俺はアダルトはしない、など何かを一人で
作り上げている人がいます。「この人のプライドはココか」がわかれば、話は簡単です。
今までそんな人会ったことがない。や、「特別な人」扱いがまずはベストなやり方です。
 
◆慣れてんなー・・・が魅力に感じない男
明るくて、かわいい、綺麗、人気もありそう。
そんな女性の中で、魅力がない女性は、すべてに慣れきってる女性。
これやれば喜ぶでしょ?が当たりまえになっていて、男はどんなにその子がかわいくてエロくてもつまらなさが残ります。
もちろん、大胆で、即脱ぎも自分から。
でも、恥じらいの中にある大胆さでない限り、確実につまらないと思われます。