男性パターン その① | 全国チャットレディ求人 Crystal-クリスタル
BLOG

日々、ブログを更新中!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. チャットレディの考え方
  4. 男性パターン その①

男性パターン その①

こんな男性はいませんか??( ´ ▽ ` )ノ

 

◆最後に「ありがとう」を言う男。
一見、ふつうですが、ふつうではない言葉です。
よくよく考えるとなにが「ありがとう」なのか、意味がわかりません。
これはいわゆる、「ぬかせてもらってありがとう」です。
単純に、女性を「業務的に見ている証拠」です。
男はイクと一気に性欲が冷めると言いますが、
他愛もない冒頭の会話なんてここまでこればどうでもよくなっており、なるべく早く切りたいと思ってます。
通りすがりに多く、「次回」がそこまで多くない男の傾向です。
ピロートーク的なものもありますが、ほとんど単発なので、常連にはなりにくいです。
ただ、もちろん「今日もありがとう」とはまったく意味が違います。
◆やたら顔文字を使う男性
基本的に私生活で女性にモテる男ではありません。
女性に対しては「優しい男」でありたい、もしくは「嫌われたくない」
顔文字や☆、♪を入れないと感情が相手に伝わらないと思い、気を使う男性。
最終目標、会いたいと考え出す男性。
ノリを若い女性に合わせたがる男性。
話しやすい、優しい、気遣いがうまいなど言われると「まぁな」的に心の中で喜ぶ男性。
顔文字などで装飾することで、心を開いてもらいたいと心理的に思ってる男性。
【対処】
エロより、リア充を重視するタイプが多いです。
チャットだけでいいやという女性に対して、わざわざ顔文字や装飾をする男はそんなにいません。
チャットのその先を狙っている可能性も高い人種です。
最初のうちは、チャット上での常連になる可能性が高いですが、個人情報を求めてきたら、ほぼ潮時です。
個人情報交換を回避したうえで、そこからの挽回は自分の対応次第ですが、迷ったらスタッフ判断を仰いでください。
 
◆wwwや(笑)の多い男性
顔文字と同様ですが、照れや恥ずかしさを隠すとき、いざ女性を落としにかかるときにまでちゃらけてしまうタイプです。
いざというときに直球で言えない、ハートが男子中学生レベルの場合があります。
遠回しな言い方を好むので、というかそうしかできないので、答えを間違うと、切られます。
例:「今日はどんな下着なの?www」⇒「おっぱい見せて」これを突然言うことが恥ずかしい。
「少し、下着見えてるよwww」⇒「おっぱいが見たい・・・」というめんどくさい男。
なにもおもしろくもないのに、わざわざ(笑)をつけてきます。
女性をほとんど知らないので、無駄な優しさがあるか、切るときも極端です。
幼稚で、自己中心的な部分もあり、逆上するタイプもいるので、
好きなくせに「つか別におまえ可愛くねーしwwww」みたいなのも、私生活でもザラにやります。
 
【対処】
遠回しの言い方の真意を読む必要があるので、答え方、要求に対するレスポンスは「早めに」
◆無駄に敬語ばかりの男性
自尊心が高く、相手どうこうなど特に関係なく、自分が好きです。
相手に失礼だとか、相手を尊重など言いながら、本当は自分大好き、自分が正しいと常に思ってます。
こういう男性に、否定や、自分のことばかりを話しても常連にはきっとなりません。
紳士ですねくらいで褒めてあげるんですが、「当たりまえだろ」くらいしか思ってません。
なのでほぼ、褒めることなど効きません。
対抗できるとしたら、なにがどうなっても動じない、ずっと穏やかな女性です。
◆「そろそろ」という言葉
そろそろお風呂、そろそろ夕飯、そろそろ仕事なので、というチャットの最後の言葉は、半分以上が嘘です。
もちろん、リアルな場合もありますが、「そろそろ○○」は、「そろそろ切りたい」が大半。
自分が求めていた女性と違った場合や、会話が面白くなかった場合に、使われます。
突然、切断するよりは、最低限の優しさのつもりだと思います。
シビアな話、こればかりが続いたら、トーク力向上が必要です。
1時間、2時間、3時間も話した後の場合は、逆にトーク力があります。
5分、10分くらいでこれが出たら、「そんな時間に余裕がないときにチャットやってんのか」って話です。
 
 
 
◆「ところで・・・」という言葉
今までの話なんか実はどうでもいい。。。が出てきた証拠です。
もしくは、ポイントの減りを確認した瞬間。
おそらくは礼儀として、他愛もない話を冒頭に交えただけ。
こっち側とすると楽な時間でしたが、ここからエロモードを求めてきます。
【対処】
スイッチをこちら側も切り替えると喜びますが、ふつうとエロのギャップがさらに良くなるパターンです。
◆「頑張ってね」という言葉
チャットの最後に「頑張ってね」は、「俺はもう来ないと思うけど頑張ってね」です。
もちろん違う意味も普通にありますが、次がほとんどない意味でも使われます。
 
◆チャットを教えてくる男
このタイプは、新人半額ばかりを狙う、ただのケチです。常連にはなりません。
他の新人がいれば、他の新人に同じことを言うだけ。
最初の新人期間中の「ボーナス」みたいに考えてください。
自分がさんざん教えて満足したら、「じゃあそろそろ」で落ちて、次は特に来ません。